*郵政民営化のからくりは円天以上の国家的詐欺かも 竹中平蔵を論破できるのは植草一秀氏しかいない。

植草一秀
今日は朝から円天の詐欺事件の逮捕の報道ばかりでしたが、もっと重大なことに発展するかもしれないのが、かんぽの宿のオリックスへの一括譲渡
かんぽの宿を民営化から5年間の譲渡・廃止方針について「基本的に(竹中平蔵郵政民営化担当相の)指示だと思う」と振角秀行郵政民営化推進室長が衆院予算委員会で発言しました。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090205AT3S0500E05022009.html

植草一秀氏のブログ 植草一秀の『知られざる真実』で「かんぽの宿」疑惑新事実とTBS竹中平蔵氏詭弁演説会というエントリーがありますが、その中で国民新党亀井静香代表代行が「西川善文日本郵政社長の背任容疑での東京地検刑事告発も視野に入れたい」と述べていると紹介しています。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/tbs-77db.html

またTBS「久米宏のテレビってやつは!」に出演した竹中平蔵氏が大独演会で自分、郵政民営化の正当性をぶったそうですが、コメンテーターも実力不足で全くの役に立たなかったそうです。
植草氏は竹中平蔵氏が「強力な論客と1対1で論戦する設定を私は見たことがない。そのような設定では、竹中氏は出演を拒否するのだと考えられる。」と述べていますが全くそのとおり。
いつも竹中氏をフォローする役目が出演しています。
竹中平蔵を完膚なきまで論破することができるのは植草一秀氏しかいないと私は思う。
植草氏の表舞台への早い復権を心から望む。
関連はてなブックマーク
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://toguchiakira.ti-da.net/e2413650.html